【賃貸】アパートvsマンションだったらアパートのほうが良い

賃貸物件に住むことを決めたときに、アパートかマンションか、戸建てかという大きな選択があります。
戸建ての場合は建屋の中に自分たちの家族だけが住むわけですが、アパートかマンションの場合、複数の世帯が一つの建屋の中で暮らすことになります。アパートとマンションだったらどっちを選択しますか?

私はアパート派です。しかも築年数が浅い(新しい)アパートを選択します。
今住んでいるのも大東建託のアパートに新築で入居しました。
なぜアパートか。

アパートのほうが安い

安いんです。築5年以内でアパートが10万円程度の家賃だとすると、同じ間取り、駅からの距離、諸条件比べて同条件のマンションに比べて少なくとも1万円以上安い。平均的に2万円ぐらい安い。
築年数の新しい大型のマンションなんかだともっと高くなります。
大型マンションだと管理人さんがいたり、エレベーターの管理等の関係で管理費ももっと高くつくし、管理組合での修繕積立金も家賃に含まれます。これはオーナーの収入にならないので家賃を上げざるをえないわけですね。

新築アパートと築20年マンションが同じ家賃

築年数とともに家賃も平均的に下がってきますが、めたりすの住んでいる地域だと新築アパート(2LDK)が家賃10万円前後。これは築20年のマンションの賃料とだいたい同じくらいの相場観です。
新築アパートと築20年のマンションが同じ家賃だったらどっちを選択しますか?

設備の違い

高層階に住みたい要求があるならマンションを選択しても良いと思いますが、そうでなければ新築のアパートが良いのではないでしょうか。
お風呂や水回り、窓サッシ、キッチン、床材あらゆるところに築20年と新築の違いが見て取れます。
お風呂なんかはやはり大きく違って見えます。
最近の流行りは浴槽を浅くして足を延ばして入れるユニットバスのお風呂です。築20年だと四角く深くて狭い浴槽でタイル張りのお風呂だったりします。
洗濯物乾燥機と24時間換気が付いて、給湯機もエアコンも新築なら最新式の高効率。
最上階の2階に住めば上の住人はいません。
隣の騒音もほとんど気にならない作り、階下への騒音を抑えるクッションフロア、新築のアパートはよく考えられて作られています。
ウチは小さい子供がいますのでどうしても階下、両隣に迷惑が掛かってしまっているのは心ぐるしいですが・・・新築で入居すると大体同じような家族構成の世帯が入るのでお互い様だったりします。

正直賃貸でマンションを選択する理由は自分にとってほとんど見つかりません。
一つだけ思い当たるとしたら木造なので火事が起きたら全部燃えちゃうことぐらいでしょうが、最新式のガスレンジだから高温になりすぎたら自動で消えるコンロが付いていたり、賃貸物件は必ず火災報知器が付いていますので火事のリスクは低いです。
でも私はマンションに住んだことが無いので実際に住んだら気が変わるかもしれませんが安いアパートで良いです( ^ω^)

キャッシュバック賃貸ならインターネット無料物件も探せます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする