家賃値上げを拒否する方法

家賃値上げ通知が来た

賃貸で家を借りると2年ごとに契約の更新通知が来ます。物件の貸主と借主は賃貸借契約が交わされており、その契約期間である2年ごとに期間が満了した後も契約を継続させるために契約を更新するということです。

更新について注意すべきなのは家賃、駐車場料金、共益費、自治会費等、月々の支払額や、契約更新手数料の金額などです。良く確認せずサインして返送してしまうといつの間にやら家賃が上がっていたなんてことがあります。

そうです。家賃値上げ通知が来たんです。今回なんと月額4,000円も家賃が値上がりする更新通知が来たんです。

そう来ると思っていた

実をいうと今回の契約更新で家賃の値上げがあるかもしれないということは予想していました。もともとアパートの新築当時からの入居でちょっと不自然なくらいに周辺相場に比べて安い家賃設定になっていると感じていました。そのことを当時にも記事にしていました。

分譲住宅、分譲マンションなんかではよく言われる新築プレミアム。入居した瞬間に価値が下がるというアレですね。 一般的にはアパー...

新築から住んでいて2年経つうちに隣の別棟の住人や隣や階下の住人が引っ越したりして空き部屋になったときにスーモなどをチェックして家賃が5,000円も値上がりしていました。(新築入居時にすべての部屋の家賃表をもらったのです)

ですから次回の契約更新ではウチにも家賃の値上げが来るかもしれないというのは予想していました。

今回届いた契約更新は家賃の値上げ幅が4,000円であり若干良心的といえば良心的ですが突然家賃が4,000円上昇するとなれば年間48,000円ものコスト増になります。簡単に同意できるものではありません。

一般的に賃貸物件の家賃は同じ人が住んでいる限り大家側からは値下げせず、ずっと同じ家賃が継続することが多いでしょう。 借主の入れ替わりのタイミングで設備の老朽化などに合わせて 少しずつ安く改定されていきます。しかしまれに周辺の家賃相場の変動や大家さんの事情などにより家賃が値上がりすることもあるようです。

家賃値上げは拒否できる

このように家賃更新に伴って家賃が上がってしまう場合、それを嫌って引っ越ししたり、あるいはしぶしぶ家賃の値上げを受け入れて更新してしまう方がいます。

誤解されている方がいらっしゃるかもしれませんが、このような家賃値上げはたいてい高い確率で拒否できます。

そもそも賃貸借契約というのは「契約」であり、契約というのは双方の合意に基づいてなされます。この契約書にサインすればそれはすなわち「家賃の値上げについて合意した」契約が取り交わされた契約となります。

家賃は契約に基づいて設定、請求されますので借主がこの契約に同意しなければ家賃が大家の意向で勝手に上がることはありません。

一番誤解されているのは、「 この契約の更新に同意しない場合、 契約が無い状態では住み続けることができず、出ていかなければならない。あるいは追い出される」と思い込んでいる人が多い点です。

家賃を払い続けている限り、賃貸借契約の更新に同意しなくても追い出されることは絶対にありません。

物件の借主は借地借家法により強力に保護されています。借地借家法は立場の強い貸主と立場の弱い借主の力関係のバランスをとるために作られています。

法定更新

では更新の契約で合意に至らなかった場合どうなるかということですが、簡単に言えば今までの契約が自動的に継続します。これを「法定更新」と言います。
自動的にというのは本当の意味で「契約更新をほったらかして何もしない場合にも自動的に法定更新となる」ということです。契約の更新を無視すれば自動的に法定更新となります。

法定更新となると家賃は変わりませんので今までの家賃を今まで通りの払い方で払えばOKです。一応念のため、銀行引き落としであれば、今まで通り引き落とされているか確認しておいた方が良いでしょう。

もし、引き落とされない場合、管理会社に問い合わせするなどして、今まで通り、家賃を支払う意思がこちら側にあることを伝えることが最重要となります。
もし、契約を更新しないことをもって管理会社が家賃を受け取らない場合、納めるべき家賃を供託所に預けます。

供託

供託というのは大家が行方不明だったり、家賃の受け取りを拒否した場合などに供託をすると家賃の支払いが済んだのと同じ効果が生じます。
供託所というのは法務局やその支局、出張所です。不動産の登録地域ごとに管轄が分かれています。

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu.html

実際には管理会社は賃貸借契約のプロであり、法律を知らないわけがありませんので、家賃を受け取らないということはほとんどないと考えられます。法律を知らない自主管理の大家ならあるかもしれませんが( ^ω^)・・・

実際のところ、借主の無知に付け入って強気に値上げしてきているというところでしょう。

私はこうした

契約の更新を完全に無視しても良かったのですが一応こちらとしての意思を何も表さないのはどうかと思ったので、普通郵便にて管理会社に対して「今まで通りの家賃ならば契約を更新する意思があるので再考願いたい」旨の文書を送りました。

それに対する返信は一切なく、そのまま契約期間は切れ、私は法定更新となりました。もともと顧客対応はいい加減な管理会社と思ってますので予想通りです。

家賃は今まで通りの金額を今まで通りの方法で支払い、全く不都合なく暮らしています。

その後どうなった?

さらに1年後、突然管理会社から電話があり、契約の更新をしてもらいたいということでした。

「私:家賃はどうなりますか?」と聞くと
「管:今まで通り変わりません」
「私:なら更新します」

ここでついでに値下げを要求するメンタルの強さがあれば最強ですがまぁヨシでしょう。
営業担当が自宅に来て更新手続きすると言ってきたので、頑なに「私:郵便でお願いします」と通しました。あくまでこちらは素人、向こうはプロ、対面で何かよからぬ契約に丸め込まれてはたまりませんので落ち着いて文書でやりとりを徹底します。

その後届いた更新契約書は今まで通りの家賃の普通の更新契約でした。
結局何の問題も不都合もなく家賃の値上げは拒否できたのでした。

注意点

定期借家

定期借家契約の場合は法定更新されません。定められた契約期間で契約は終了します。再度契約を行えれば住み続けられますが、そうでない場合は引っ越しするしかありません。
定期借家の場合はスーモなどの物件概要や契約書に必ず定期借家の記載があるはずですので確認されることをお勧めします。

家賃値上げを拒否しましょう

皆さんも不当な家賃値上げは拒否しましょう。うまくいきました!とかうまくいきませんでした↓ ↓ とかコメント頂けると励みになります(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする