国民年金の付加保険料はめちゃめちゃお得なので払わないと損です

国民年金の保険料を納める際、「付加保険料」という保険料を追加で上乗せして納めることができます。保険料は月額400円です。

この付加保険料、意外と知らない人も多いのですが払っておくとめちゃめちゃお得なんです。

令和元年の国民年金の保険料は月額16,410円ですから付加保険料も合わせて納めると
16,400+400=16,810円になります。
この月額たった400円プラスで納めることがどれだけお得になるのでしょうか?

どれだけ得なのか

付加保険料を納めた金額に対しての65歳から支払われる付加年金額は200×納付月数です。例えば20歳から60歳まで40年間付加年金を納めると
400×12カ月×40年=192,000円
になります。
これに対して支払われる付加年金額は
200× 12カ月×40年=96,000円
になります。

年間96,000円が通常の年金にプラスされて受け取れるということです。
2年間受け取れば192,000円ですから、2年受け取れば元が取れてしまいます。
それ以降は丸儲けになります。

ちょっと騙されてるんじゃないかと思うくらいお得すぎると思いませんか?
私も思います(笑)
が日本年金機構が支払ってくれるというので納めてます( ^ω^)・・・
あまりにお得すぎるのでこの制度を知る人が増えすぎると制度が見直されて減額されてしまうんじゃないかと不安になるほどです(笑)

付加年金のデメリット

国民年金の制度全体として言えることですが、途中で死んだらもらえません。
まさに丸損です。
67歳までに死ぬつもりの人は納めないほうが良いでしょう。

納めることができるのは誰?

付加年金を納めることができるのは国民年金を納めている方です。

国民年金第1号被保険者、任意加入被保険者です。
会社員は第2号被保険者ですので加入できません。
会社員の妻の専業主婦は第3号被保険者ですので加入できません。

自営業、農業、学生でも無職でも国民年金を納めていれば 第1号被保険者ですので納めることが可能です。
ただし国民年金基金に加入している場合は付加保険料を納めることができません。

申し込むにはどうすれば良い?

お住いの市役所、区役所、町村役場窓口で申し込みます。
国民年金加入の窓口に行けば良いです。

まとめ

今回は国民年金にプラスして納めておくとお得な付加年金について紹介しました。国民年金の加入は義務で加入されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、市役所の窓口で国民年金の加入手続き時に、わざわざ担当の人は付加年金について案内してくれる親切な人は少ないと思います。

めたりすが国民年金を加入するときも市役所の年金窓口で一通り書類を記入し終わった後、「これで以上になります」と担当者に言われて、
「あ、いや付加年金も納めたいんですけどどうしたら良いですか?」
と聞いて初めて記入方法を教えてもらえました。

「知っている人だけが得をする」ということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする