食洗器の耐震対策

食洗器の耐震対策

先日食洗器を購入し設置、アースも接続しました。

食洗器のアース線を延長して取り付け

今度は食洗器の耐震対策について考えます。
ウチの食洗器はいわゆるカウンターキッチンのカウンターのところに設置しています。
地震が来たらキッチン側に、あるいはダイニング側に落っこちるかもしれません。
給水のジョイントが外れれば水が噴き出すことにもなります。
食洗器は20kgもある重量物ですので床も傷つく可能性が高いです。

何らかの耐震対策が必要だと考えます。
しかしどの程度やるべきなのか線引きが難しい。
同じように考えていらっしゃる方は多いようで、ベルトで固定されている方、天井まで届く長い家具転倒防止伸縮棒を設置されている方、皆さん思い思いの対策を行われているようです。

我が家の対策

私も自分なりに考えましたが耐震対策としてはこれを使うだけに留めることにしました。

実にシンプルな耐震粘着マットです。これを食洗器の4本の足の下に敷くことにしました。
この耐震マットの耐荷重は36kgまでですので適切だと思います。
これ以外の対策は不要と考えることにしました。
理由は以下です。
・食洗器はカウンターという高いところに設置しているが、食洗器自体の高さは60cmほどしかなく、安定感はそこそこ高い。防振マットを使えば安定感はさらにかなり増すはず。
・耐震マットを使わなければ大きな揺れがくれば倒れる可能性がある。あるいは横にズレれば落ちる可能性があるためそれを防ぐ対策。
・耐震マットの効果は意外とスゴイ。スチールラック上に耐震マットを挟んでプリンタを載せて使っていたところ、引っ越しの際に簡単には外せずに載せたまま引っ越しを乗り切った経験がある。
・食洗器のカウンター下は荷物置き場になっており大人も子供も来ないため、ケガすることは無いだろう。
防振粘着マットは100円ショップでも購入できるほど安価ですし、保証はしませんが何もやらないよりはこれくらいの対策をしておくと精神安定上も良いと思います。
100円ショップに行く時間がない、交通費もかかるし、という方はamazonでどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする