年金の心配をする必要はありません

火のないところに火をつけたのは朝日新聞

6/3に金融庁から報告された報告書について炎上しています。
報告書の内容としてはざっくり言って人生100年時代に備えて、安心した老後を過ごせるよう、資産形成、資産運用について、国民の皆さんはしっかり考えていきましょう。
ということで「貯蓄から投資へ」のスローガンのもとに、国民に対して広く投資を推進し、金融業界に対しても環境整備を促す報告書という風にめたりすは感じました。

その中で60歳の仕事を引退した夫婦2人世帯というのをモデルケースとして、月の年金等の収入が21万円弱、月の支出額が26万円と設定し、月の不足額を約5万円としています。単純にこの月の不足額を30年間継続するという実に雑な計算のもとに総額2000万円不足するという計算をしています。

金融庁としては「だからその分を補填していくために資産運用を考えましょう」という国民を投資の世界に呼び込みたい意思があるのでしょう。
そういうある意味での営業トークとしてだいぶ話を盛っている感があります。

しかしこの文書に対して日本で一番信用されていない新聞として知られている朝日新聞は政府が年金の限界を認めたと報じています。

これを受けて支持率0%の野党が「ほれみたことか!年金制度はやっぱり崩壊しているじゃないか!」と批判し、テレビが年金制度は大丈夫なのかと不安をあおる放送を行い、見事に煽られた人たちは年金返せデモを行っているという本来の文書の趣旨とは全く違うところで炎上する事態となっています。

そもそも年金の管轄は金融庁ではなく厚生労働省ですし、金融庁も年金に関する発表を行ったわけではありません。

朝日新聞の記者がそのようなことを理解していないとは考えにくく、つまりこれは参議院選挙を前に政府与党のネガティブキャンペーンを行うために 火のないところに火をつけたということだとめたりすは見ています。

そうは言っても年金は不安?

しかし年金不安というのはよく言われている話です。
その一つとしてよく言われるのが「払った分が戻ってこないかもしれない、払い損になるのではないか 」といったことです。
しかしこれは考えるだけ無駄です。

実はめちゃくちゃお得な制度

年金というのは40年間払い込んで、一定の年齢になったら給付を受け始め、生きている間は死ぬまでずっと受け取ることができるむちゃくちゃお得な制度です。
つまり早死にすれば大損、長生きすればめちゃくちゃお得になる仕組みです。

その中で日本人の平均寿命の延びや出生率の変化、物価の上昇/下落といった変化に対応して全体を微調整することを継続して行うことで制度を維持していくことになっています。

将来的に若干しょぼくなる可能性は否めませんが少なくとも崩壊というような表現は不適切です。

崩壊しない

今までに積み立てられ運用されている積立金は150兆円、そのうち運用益は40兆円以上あります。

この運用益はリーマンショックの時でさえも大きく落ち込みはしたものの、マイナスにまで落ち込むことなくプラスを維持しました。
この運用は現在も行われており、今後の運用次第では減ってしまうこともあり得ます。
しかし仮にこの積立金が0になってしまっても現役世代からの保険料収入があるので年金の給付ができなくなるわけではありません。

最悪でも日本政府は国債を無制限に発行できるし、自ら通貨発行を行うことができるため年金給付が行えないということは起こりません。
ただ、年金制度をどうするかというのは時の政府の裁量によってしまうため、私たちとしては年金制度を維持する意思のある政党に委ねるというのが適切な判断だと思っています。

年金は払ったほうが断然お得

それから年金は払ったほうが良いのか、払わないほうが良いのかということが言われますが、これは圧倒的に払ったほうが良いです。

現在高齢者に対して給付されている年金の原資は現役世代が納めた保険料が半分であって残りの半分は国が負担しています。
税金が投入されているということです。

もし、「将来年金がもらえるかわからないからもう保険料は払わない」という選択した人がいた場合、この人は将来的には年金をもらう権利がありません。10年年金を収めた実績が無いと給付を受ける権利がありません。

それでもこの人は年金の給付に使われる消費税は納める必要があります。というか消費税を納めずに買い物をするのは不可能です。
この場合、この人は年金給付を受けることが無いのに、年金給付に使われる税金を払ってくれる「あしながおじさん」的存在になるので、こういう人が増えると年金財政、国家財政は改善の方向に向かいます。
つまりこういう人が増えることで
私の年金収入が増えるのです ━━━(゚∀゚)━━━!!

実際にそういう仕組みになっているのかどうか知りませんが理論的にはそういうことです。
ということでホントのことを知っている人は黙ってるんです(笑)
その方が得だから(笑)

ねんきん定期便、ねんきんネット、見たことありますか?

ねんきん定期便というはがきが届いていると思います。
過去に収めた年金の額が分かります。
さらにねんきんネットに登録すると将来貰える年金の見込み額が分かります。
払い込んだ額に対してですが正直自分としては「え!?こんなにもらえるの?」と思いました。
私の場合は国民年金なので納付額が少ないので、それで暮らせるか?といえば無理なのですが払い込んだ額に対してこれだけもらえるのであれば、将来的に多少しょぼくなることを考えても10年給付を受ければ元がとれるくらいのイメージに感じました。
厚生年金でも同様だと思います。

年金は詐欺?

年金は詐欺だ!と言っている人たちがいますが当然年金は支払ってないんですよね?
わざわざ詐欺に引っ掛かりに行くようなことはアホの極みです。
なにせ会社員であれば定年までに1500万円~2000万円程度は納めることになるでしょうからわざわざそんな詐欺に引っ掛かりに行くよりは独立して別の仕事を考えたほうが良いでしょう。
そして保険料の支払いを止めて詐欺であることを実証し、40年後に詐欺に引っかかっためたりすその他大勢の元会社員にざまーみろと言ってください。
以上、よろしくお願い致します。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする