【WindowsMR】Samsung OdysseyとG29ハンコンを購入した話

日本では未発売のサムスンが開発・発売したWindows Mixed Reality(Windows MR)向けのヘッドセットOdysseyを購入しました。
Oculus RiftやHTC Vive、PSVRなども考えてみましたが部屋が狭いしセンサーで場所を取りたくないのでセンサー不要のWindowsMRで考えました。
ただ、1度体験したことのあるAcerのWindowsMRヘッドセットAH101は少し視野が狭いなぁと思っていたので未体験ですが持っている人には評判の良さそうなサムスンのオデッセイにすることにしました。
しかしオデッセイは日本では公式では未発売。
Amazonでは輸入して販売している業者もいますが8万円とか高すぎる・・・

↑これはAmazonJapanの商品です

そこで初めてですが貨物転送サービスを使って輸入してみることにしました。
今回はその記録です。

初めて米国Amazon.comで買い物しました。
オデッセイは486ドルでした。

↑これはAmazon.comの商品です

購入後1か月もたたずに90ドル近くも値下げされていました。タイミング悪すぎる(T-T)
日本円での支払いも選べるようでしたがドルで支払うほうが当日レートで1ドル4円ほど安かったです。

ついでに日本で購入予定だったロジクールのハンコン、G29 Driving Force Racing Wheelとシフトコントローラー、Driving Force Shifterですがこれも輸入したほうが安そうだとわかり、ついでに購入することに。日本ではロジクールブランドで販売していますが海外ではLogitechですね。
G29は261ドル、シフトコントローラーは54ドルで計315ドル。1ドル111円換算で約35,000円。

↑これはAmazon.comの商品です

日本で普通に購入するとハンコンとシフターで5万円近くかかり1万円以上の差額がありました。

↑これはAmazonJapanの商品です

アメリカから輸入すると送料はかかりますがオデッセイと同梱すれば少し安くなるんじゃなかろうかという算段です。

ということでオデッセイとG29、シフターで総額802ドルでした。
これを貨物転送サービスを使って日本に送ってもらいました。
どういうことかというと、米国amazonからは日本に直接送ってもらえないので、Amazonからは米国内の転送業者に送ってもらい、そこから日本に送ってもらいました。
使用した業者はスピアネットです。

荷物の送料は12kgで97ドル(1ドル=111円換算で10767円)。
個人輸入に伴う消費税/通関手数料(と思われる)で4100円(ヤマト運輸に着払)でした。
関税云々については調べたところによるとおもちゃ及び電機製品にかかる関税は0%のようです。
個人輸入では商品総額の60%に対して消費税が課税されて4100円という金額だと思われます。

今回オデッセイを輸入で買うことにしてついでにハンコンも買いましたが、重量があるのでわざわざハンコン単品で輸入するほど安くはならなかったかなという感じですが数千円くらいは浮いたのかなという気がしていました。
今になって良く調べたらAmazonJapanで15%OFFクーポンとか表示されてて輸入コスト考えたらほぼ同額並みに安くなってるやん・・・日本で買えばよかった・・・
1か月前はこんなのなかったと思うんだけどなぁ、タイミング悪いなぁ(T-T)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする