革靴で長距離歩くと足裏が痛い問題

最近健康のために通勤時に1日で8km弱歩くようにしています。
これを始めて最初の1~2週間はもも、ふくらはぎ、すね等筋肉痛が結構ありましたがそれ以降は壁を越えたように筋肉痛は全く無くなりました。
1か月ほど続けてみたところ新たに問題になってきたのが8km歩くと足裏が痛くなっていてそれが翌日以降も引きずり、ダメージが蓄積されて歩くのがつらくなってきました。
当初から感じてはいましたがやはり革靴というのは長距離歩くのには向いていませんね。
しかしなんとかしなければせっかく始めたこの習慣が続けられません。
そこで靴のインソールを衝撃吸収タイプの物にしてみようと思い、いろいろ探してたくさん有りすぎてどれにしたらいいかわからなくなってきたのでとりあえず1,000円程度でレビュー評価の良い物を買ってみました。

かかとの厚みは1cmぐらいありそうです。衝撃吸収良さそう。
土踏まずにかけて厚みがあります。

土踏まずから先は薄くなっていて衝撃吸収素材は入っていない純正の薄いインソールと同じ質感です。

純正のインソールと並べてみました。
大きかったらハサミでカット出来るタイプなのですがほぼ同じ大きさ。
純正品の薄いこと薄いこと。衝撃吸収も何もない感じ。

衝撃吸収イン。Lサイズを購入しましたがカットする事なくぴったり。靴サイズは28cmです。
履いてみると靴底がブニブニしています。吸収は第一印象では良さそう。しかし1cmほどの厚みがあるため最初は靴がキツいです。
1週間も履けばいい感じに革が伸びてきて問題なくなりました。
これで長距離歩いてみましたがさすがに足裏ダメージ0になる程の効果は無いですが100ダメージが70ダメージぐらいに軽減された感じはあり、確実に効果はあると思います。
とりあえずこれで続けられそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする