この株安はどこまで下がるか

一時24,000円を超えた株価も最近は下げてきてだいぶ明るい話は聞かなくなりました。
どちらかといえば大損こきましたみたいな暗い話がちらほら聞けるようになってきています。

2017年の年末から2018年の年始にかけてビットコインが高値を付け、仮想通貨バブルの様相、テレビでは「寝て起きるとお金が増えてるんです~笑」みたいな幸せそうな顔が映っていました。

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し、幸福とともに消えて行く

 好きな相場格言の一つです。
2017年の年末から2018年の年始頃は間違いなく「幸福」のステージだったろうと思います。

ビットコインの崩壊は近いだろうと思っていたので見ているだけにしましたが案の定暴落し、「70万円が底」とか言ってる人がいましたが、幸福の後の悲観は少なくとも70万円どころではないだろうと思っていました。

ついに割れて40万円割れ。

まだまだ。

まだまだ。

悲観=絶望。

割れない底が割れたときの底は深い。

Youtuberのネタになってるくらいではまだまだ。

「そろそろ買い」とか言ってるのがいるうちはまだまだ。

日本株より先行して上げてきた分、日本株が下がればさらに地獄の底を見ることになる。

ただ私はビットコインには価値を見出していないので今のところ手を出すつもりはないのですが、日本株の先行指標になるのかな?ぐらいに気にしている程度です。

日本株の買い時期を探っているのですがまだまだ。

下げて下げて下げて下げて

グサーッ!!と地面に突き刺さったところで買います。

そのためにはサポートラインとなっている21,000円を勢いを伴って下抜ける必要があると思います。
長期トレンドで見ても下げ転換に入りつつあるので安易に手を出すところじゃないと思っています。

まだ悲観の入り口。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする