【知らないと損】国民年金は前納すると安くなる

国民年金には「前納」という制度があります。
いわゆる「前払い・先払い」まとめて前払い一括で納めると保険料が割引になるんです。
貯金に余裕があるのであればぜひ利用したい制度です。

どれくらい安くなる?

現金払いで1年度分を前納すると年間3,500円、2年度分の前納なら14,520円の割引になります。
口座振替で1年度分を前納すると年間4,130円、2年度分の前納なら15,760円の割引になります。 (いずれも令和元年の金額)
夫婦そろって国民年金でご主人様が二人分まとめて払っている場合では二人分で31,520円も割引になります。

ただし2年分まとめて払うとなるとなると納付額も高額になります。
1人分で令和元年度の2年前納の納付額は379,640円になります。
さすがに高額なので口座振替の手続きをしておく方がおススメです。

口座振替の申し込み方法

申し込み方法は年金事務所へ行くか郵送かが選択できます。

管轄の年金事務所は市区町村ごとに異なります。
こちらのページ真ん中の検索窓からお住いの市区町村の年金事務所を検索してください
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

年金事務所へ行く場合

年金事務所の窓口へ「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」を提出します。
窓口まで行くと担当の方が記入方法を丁寧に教えてくれます。
手続きには基礎年金番号の記入が必要です。年金手帳か日本年金機構からの郵便物などで確認してください。
また、金融機関の届出印が必要です。
↓の郵送用のPDFファイルをあらかじめ記入して直接持って行くとよりスムーズに手続きを行うことができます。

郵送する場合

こちらの用紙をプリントアウトして記入し、管轄の年金事務所へ郵送することでも手続きは可能です。
https://www.nenkin.go.jp/shinsei/kokunen.html

クレジットカードでも前納できる

実はクレジットカードでも2年前納ができます。
それならカードのポイントもゲット出来て良いのでは!?と私も思ったのですが 割引額は14,520円と現金払いと同じになってしまいます。
口座振替より1,240円損になります。

しかし納付額が38万円と考えると1%ポイントのカードで3,800ポイント取得できますからそれでも2,500円ほどおつりが出て得になりますね!
クレジットカードの利用枠に注意する必要がありますがクレジット支払いは分検討に値しそうです。

まとめ

今回は国民年金の前納、それも2年分の前納で1万5,000円も割引になる方法をお伝えしました。
さらにクレジットカードのポイントも獲得すればお得ですが限度額の関係もあるのでそこは注意していただきたいポイントです。
国民年金を支払っている方は前納を利用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする