【ディズニー】リロのルアウ&ファンはB席こそが神座席

ディズニーランドのポリネシアンレストランのランチショー「リロのルアウ&ファン」を鑑賞してきました。
今回はB席で鑑賞しました。ほかにS席、A席とありますが結果的に「B席で十分楽しめる」ことが分かり、その観点からお話ししたいと思います。

ショーレストランは予約を取るのが難しい

ディズニーリゾートのショーレストランの予約は利用当日の1か月前の9:00から予約が可能なのですが、争奪戦が激しく、なかなか予約を取ることができません。予約サイトに繋がらないことも多く、ハードルが高いです。
フロリダのディズニーワールドにも以前に行ったことがあってキャラクターダイニングは前日でも普通に予約とれたので、日本の場合は人気が高いのかなぁと思います。

B席が取れた

争奪戦が激しく、予約を取ることが難しいショーレストランですが、当日が近づくにつれてたまにキャンセルが出ることがあり、タイミングよく予約サイトにアクセスすれば放出されたキャンセル枠を拾うことができます。
今回タイミングよくB席を拾うことができました。
しかし、ほかにS席、A席がある中でB席はどうなんだろうか。ショーが見にくいのではないか、楽しめないのではないかといった不安の中、当日を迎えました。

S席、A席、B席の違い

B席の良し悪しを判断する材料として、各席の価格やステージとの位置関係を押さえておきましょう。

価格

大人
S席 ¥4,530
A席 ¥4,110
B席 ¥3,700
子供(4~8歳)
S席 ¥3,500
A席 ¥3,090
B席 ¥2,680

大人S席とB席でも830円差と、大きくは違いませんが、家族単位で考えれば2千円を超える差にもなってきますね。

座席表

座席表でステージとS席、A席、B席の位置関係を把握しましょう。

公式サイトから引用

座席表を見るとB席はステージに向かって右端と左端から奥のスペースになっていて建物の柱等もあり、S席、A席よりステージを見るには良くない席です。

B席でも楽しめる理由。それはリロのルアウ&ファン最大の特徴は「グリーティング」だから

ショーを見るには不適当なB席ではありますが、それでもB席を推すのは理由があります。それはリロのルアウ&ファンの最大の特徴がキャラクターが座席まで来てくれるグリーティングになっていることです。
もちろんステージも使ってショーが行われますが、その合間にキャラクターがステージを降りて客席にやってきて一緒に写真を撮ることができます。各キャラクターがそれぞれ、最低1回はテーブルにやってきます。

躍動感あふれるスティッチ

実際にはステージ上で踊っている時間より客席を回っている間のほうが長いのではないでしょうか。
だからショーの見やすさよりも写真の撮りやすさをウェイトに置いた方が良いと考えます。
S席ではステージ前にテーブルとイスをきっちり並べているため、隣席との間が少なく、余裕をもった広さが無いため、B席の自分たちから見て写真撮影上の動きがしにくそうでした。

左がステージの先端で真ん中がS席、奥がA席。
カメラマンである私はステージ横のB席です。
奥のA席辺りです。隣席との間隔が狭く、座った状態での対応のようです。

B席なら席の並び上 、隣席との空間が広くとられているため、すぐにテーブルを立ってキャラクターと立った状態で肩を並べて写真を撮ることができます。
キャラクターが何体も席にやってきますのでこの隣席との空間の広さ、動きやすさという意味ではB席は一番良いのではないかと思いました。

私の卓と隣卓との間が十分あります。その奥もB席、隣席との間が十分あります。

また、角の席に当たればS席A席でも余裕があります。 でもくじ運しだいですね。

ミニーがいるところが角のA席。

料理メニュー

席による料理の違いはありません。
ファストフードのイメージの多いディズニーの食事ですが、ショーレストランの食事は前菜、メイン、デザートに配膳サービス付きで普通においしいです。

前菜。とにかくおいしい。
ポリネシアンパンチというミックスジュース。オレンジのようなアップルのようなパインのような自分のようなバカ舌には説明不能ですがぷちぷちつるつるでおいしい。おかわり可能。
メイン。照り焼きチキンと白身魚のフライ。
デザート

B席でも楽しめるのか

ショーよりもキャラクターとのグリーティングに占めるウェイトが大きいリロのルアウ&ファンでは写真の撮りやすさ、動きやすさを考えるとB席がベストではないかと考えます。
もちろんショーの写真やビデオ映りを考えればS席が良いと思います。
私の家族の場合はグリーティングを重要視していましたので十分楽しめました。

そのほかプチ情報

そのほか気が付いた点について紹介します。

意外と時間が無い

各キャラクターがそれぞれテーブルにやってくるため、ゆっくり休みながら食べている時間はあまりありません。子供が食べているところを写真に撮ったり、また、キャラクターが通りがかりに何度もあいさつしてくれたりするので、むしろ食べられるときに忙しく食べる感じです。

フリードリンクはテーブルに案内されたときに頼もう

フリードリンクですがステージを使ったショーの間は注文を頼みにくい(実質頼めない)のでテーブルに案内されたその時に注文してしまいましょう。

キャラクターとの写真はスタッフに取ってもらおう

せっかくのキャラクターとの写真は全員で撮影してもらいましょう。キャラクターに「スタッフに写真撮影を頼みたい」旨伝えると、キャラクターも全力でスタッフを呼んでくれます。

子供はショーの中でステージ上で踊る

良い子のお友達はステージに上がって一緒に踊りましょう!というコーナーがあります。この時はステージ前にお父さんお母さんがカメラを構えて陣取ります。S席、A席、B席関係なく良い位置にカメラを構えて良いコーナーになってますので子供をステージに上げたら首尾よく移動して陣取りましょう。

まとめ

今回は リロのルアウ&ファンのB席をお勧めする理由についてお伝えしました。
リロのルアウ&ファンの最大の特徴であるグリーティングに着目すると写真の撮りやすさ、動きやすさを考えるとB席が隣席との間に余裕がありおススメです。
グリーティングの写真を重要視される方はB席を選んでみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする