【子乗せ電動自転車】パナソニック ギュット アニーズ KD購入

「子供の送り迎え用に電動自転車が欲しい」との指令を受けました。

電動自転車っている?

男性の自分からすると電動じゃなくてもギヤ付きの自転車だったら子供乗せたところで大して重くはならないんじゃない?坂道走るなら電動のほうがいいけど平地走るだけなのに電動って必要?って気がしましたが、ここでケチって後でグチグチ言われるよりは気持ちよく自転車乗ってほしいので早速電動自転車について調査しました。

子乗せ電動自転車の種類

調べ始めて子乗せ電動自転車とは言っても見た目が異なる2種類があることに気が付きました。

ママチャリ+子乗せシート

一つは26インチぐらいのいわゆる普通のママチャリのキャリアにチャイルドシートを乗せたタイプのもの。基本的にママチャリベースの設計。単体の電動ママチャリにチャイルドシートを買ってきて自分で取り付けても良い。街中でもよく見ます。
専用設計タイプより安くできる。

(専用設計)子乗せ電動自転車

子供をチャイルドシートに乗せて自転車に乗って移動するために設計された自転車。各社あらゆる工夫を用いて「いかにストレスなく楽に安全に子供を乗せて目的地へ移動するか」ということを突き詰めた専用設計。難点は価格が高いこと。

最初はあまりよく知らないので「なんかよくわからんけどこの26インチの電動ママチャリのほうが安いじゃん、こっちでいいじゃん」と思って、これでチャイルドシートを自分で取り付ければ10万以下でイケる。
というところで提案したのでした。

20インチが良い

すると「26インチだと子供を抱き上げてチャイルドシートに乗せるのに高い位置まで抱き上げる必要があるので、低い位置で済む20インチタイプが良い」とのこと。
男性の自分ならばあまり気にすることもないのですが非力な女性とあれば十何キロの幼稚園児を20インチと26インチの差分=15.24cm分高く持ち上げるのが大変だということなんですね。

うん、なるほど、20インチとかやけに小さいタイヤの子乗せ電動自転車があるのはそういうことなのか。と気が付きます。

もし倒れた時も低い位置から落ちることになるので26インチよりケガしにくそう。

ここで改めて専用設計の電動自転車も含めて各社どんな自転車を作っているのか調べてみることにしました。

ブリジストン ビッケ グリ

ブリジストンの子乗せ専用設計タイプ最上位モデル。
ビッケモブとの違いは自転車の前部と後部を繋ぐフレームのパイプが2本になっています。
ビッケモブよりはまたぐのに足を高く上げる必要がありそうです。そこはスタイルとの兼ね合いなんでしょうか。
ddはデュアルドライブの略で、前後両輪にモーターがついています。そして回生ブレーキ付きでブレーキ減速時にモーターが発電機となりバッテリーを充電するエコ仕様。
後輪は20インチですが前輪は24インチ。段差を越えるのが楽なんだとか。ベルト駆動でチェーンが外れない、錆びない。
3段ギヤ。

ブリジストン ビッケ モブ

同じく子乗せ専用設計タイプ。

ビッケモブとの違いは自転車の前部と後部を繋ぐフレームが1本でママチャリ風味。乗り降りは楽そう。
モブはモブ ddとモブ eがある。
両方とも3段ギヤは共通。
モブddはデュアルドライブ、回生ブレーキ、ベルト駆動、後輪は20インチ、前輪は24インチでグリと同じ。
モブeはモーターは後輪のみ、回生ブレーキ無し、チェーン駆動、前後両輪とも20インチといったところがddとeの違い。

ブリジストン ビッケ ポーラー

ビッケ ポーラーは子供前乗せタイプ。
後ろにもチャイルドシート取り付け可能。
前乗せ前提の設計でがに股にならずに乗れる。3段ギヤ。
今回は前乗せは考えてないので対象外。

ブリジストン ハイディーツー

雑誌とのコラボモデルでスタイリッシュな感じ。3段ギヤ。
26インチなので今回は対象外。

ブリジストンまとめ

ブリジストンの場合、後輪20インチならビッケグリdd、ビッケモブdd、ビッケモブeになります。ブリジストンはデュアルドライブであるとか前輪24インチ、回生ブレーキ等
走りについての機能をメインに打ち出しているように見えます。ベルト駆動については昔ベルト駆動のシティサイクルに乗っていましたが1度もチェーンベルトが外れたり切れたりしませんでした。これはすごく良いです。

ヤマハ PAS Babby un

ヤマハの子乗せ専用設計タイプ。
前輪後輪とも20インチ。
前乗せを後付けして前後両乗せも可能。
モーターは後輪のみ。
チェーン駆動。
3段変速ギヤ。

ヤマハ PAS Kiss mini un

ヤマハの子供前乗せタイプ。
後ろにもチャイルドシート取り付け可能。
前乗せ前提の設計でがに股にならずに乗れる。今回は前乗せは考えてないので対象外。

ヤマハまとめ

走りに関する特徴を前面に打ち出したブリジストンに比べてオードソックスでベーシックとでも言いましょうか、ラインナップも前乗せ、後ろ乗せで1タイプずつとシンプルです。
メーカーはヤマハと決めているなら悩まずに決められそう。

パナソニック ギュット アニーズ KE

パナソニックの子乗せ専用設計タイプ最上位モデル。
前輪後輪とも20インチ。
前乗せを後付けして前後両乗せも可能。
モーターは後輪のみ。
チェーン駆動。
3段変速ギヤ。
手元スイッチで開錠するラクイック付き。
巻き取り式シートベルト。
20.0Ahバッテリー。

パナソニック ギュット アニーズ KD

パナソニックの子乗せ専用設計タイプ。

前輪後輪とも20インチ。
前乗せを後付けして前後両乗せも可能。
モーターは後輪のみ。
チェーン駆動。
3段変速ギヤ。
手元スイッチで開錠するラクイック付き。
巻き取り式シートベルト。
16.0Ahバッテリー。
KEとの違いはバッテリー容量です。

パナソニック ギュット アニーズ DX

パナソニックの子乗せ専用設計タイプ。
前輪後輪とも20インチ。
前乗せを後付けして前後両乗せも可能。
モーターは後輪のみ。
チェーン駆動。
3段変速ギヤ。
ラクイック無し。
巻き取り式シートベルト。
16.0Ahバッテリー。
KDとの違いはラクイック無し、前カゴがワイヤーです。

パナソニック ギュット アニーズ

パナソニックの子乗せ専用設計タイプ。

前輪後輪とも20インチ。
前乗せを後付けして前後両乗せも可能。
モーターは後輪のみ。
チェーン駆動。
3段変速ギヤ。
ラクイック無し。
巻き取り式シートベルト。
12.0Ahバッテリー。
DXとの違いはバッテリー容量です。

パナソニック ギュット アニーズ F DX

パナソニックのママチャリベースの子乗せタイプ。
前輪後輪とも26インチ。
前乗せを後付けして前後両乗せも可能。
モーターは後輪のみ。
チェーン駆動。
3段変速ギヤ。
ラクイック無し。
巻き取り式シートベルト。
16.0Ahバッテリー。
ギュット アニーズ DXの26インチモデルです。

パナソニック ギュット mini DX

パナソニックの子供前乗せタイプ。

後ろにもチャイルドシート取り付け可能。
前乗せ前提の設計でがに股にならずに乗れる。今回は前乗せは考えてないので対象外。
機能的にはアニーズDXと同じようです。

パナソニック ギュット mini KD

パナソニックの子供前乗せタイプ。
後ろにもチャイルドシート取り付け可能。
前乗せ前提の設計でがに股にならずに乗れる。今回は前乗せは考えてないので対象外。
機能的にはアニーズKDと同じようです

パナソニックまとめ

走りに関する特徴を前面に打ち出したブリジストンに比べてチャイルドシートやラクイック等で各種機能を盛り込み、使いやすさ、利便性を打ち出しているパナソニックです。
搭載している機能やバッテリー容量でモデル分けされており、価格見合いで検討したいところです。
以上が子乗せ電動アシスト付き自転車を販売しているメーカーの大手3社です。

中小メーカーもあるが・・・

他メーカーでも電動自転車、子乗せ設計電動自転車を生産しているメーカーがあります。自転車はメンテナンスしながら乗っていくものです。ブレーキワイヤーが伸びてしまったりパンクしたりします。
ちゃんとしたメーカーなら大丈夫だとは思いますが、楽天等では独自で設計製造までやっている自転車屋さんと思われる激安電動自転車がみられます。設計が独自過ぎて町の自転車屋さんで修理を断られたケースのレビューがありました。やはり大手メーカーならどこでもみてもらえるという安心感はあります。

購入車種決定

検討の結果、パナソニック ギュット アニーズ KDに決めました。
電子キーで自動開錠出来るシステムのラクイックが気に入りました。ラクイックのようなシステムは他メーカーではありませんので機能的なところで一歩秀でている感があります。
ラクイックはアニーズKEとKDのみ搭載の機能です。KEとKDはバッテリー容量の違いがありますが予算上KDにしました。これで妻からもOKでましたので注文しました。

到着

パナソニック ギュット アニーズ KDが届きました。運送上、電動アシストのスイッチが内向きに取り付けてあったのと後輪の反射板の充電池を絶縁してあったのを使えるようにするためにドライバーが必要でしたがそれだけで乗れる状態で完成品でした。
乗ってみてわかった便利な機能等を紹介します。

身長

乗車適応身長は142cm以上ですが180cmでも難なく乗れます。

ラクイック

電子キーをカバンに入れたまま電動アシストの電源ONで自動的に開錠します。子供は何でも自分でやりたい年頃。朝の忙しい時間帯に「ぼくがカギあけたい!」ってことはありません。

電子キーは1個、スペアキーは3個付属していました。

チャイルドシート

巻き取り式のシートベルトです。チャイルドシートの後ろのレバーを引くと自動的にシートベルトを巻き取ります。

ヘッドレストの位置調整も可能です。

もっと!かろやかスタンド2

スタンドをほぼ踏みつけるだけで立てることができます。電動自転車は重いので子供を乗せた状態でスタンドを立てるにはこういったたてやすいスタンドが必要です。
電動自転車は重いので大体このような立てやすいスタンドになっています。

スタピタ2

スタンドを立てると自動的にハンドルがロックされます(力を掛ければ動きます)
子供を乗せ降ろししている間にハンドルが勝手に動かないので安心です。

電動実際乗ってみてどうか

平地であれば一般的な男性の脚力で電動アシストをOFFにしても乗ることが可能です。

ただ都市部で子供を乗せた状態で走っていると安全を意識してストップ&ゴーが多くなります。走り出しは車体が重いのでアシストがあると随分楽です。
坂道を走るのであればアシスト無いとキツいです。
自転車購入に際して追加で購入した装備品も紹介していきます。

スイッチカバー

スイッチ自体は防水になっていますが何度も押したり直射日光による劣化により破れ等予想されるため、カバーをつけることにしました。


↑在庫切れのようでしたら恐らく↓これでも同じものだと思います。

自転車カバー

パナソニック純正品です。
さすがにぴったりサイズでしっかりしたものです。
雨晒し対策に購入。電動自転車はバッテリーも含めて防水対策は行われていますので無くても問題ないです。

前カゴカバー

これもパナソニック純正品です。

前カゴ荷物の雨対策と防犯対策用に購入。
もう少ししっかりした生地で完全にすっぽり包み込むカバーを想像していましたが前から被せて後ろでマジックテープで止めて上からカバーを掛けるという感じのタイプでした。

雨よけカバー(レインカバー)

アクティブウィナー(Active Winner)のレインカバーで子供の雨対策用です。
パナソニックは純正品を販売していませんのでどれを購入すればぴったりサイズでしっかり取り付けできるのか迷いました。

これはヘッドレストを最上位まで上げればヘッドレストにゴムバンドを掛けて取り付け出来ます。

ヘルメット

最近何から何までアンパンマンでヘルメットもです。頭のサイズは
成長に合わせてこのダイヤルでサイズ調整出来るようになっています。
SGマーク付き、これ重要。頭を衝撃から守る事ができるか、ヘルメットが簡単に外れたりしないか、顎ひもを引っ張っても緩くならないか試験された製品であることを示すマークです。

パンク防止剤

パンク防止剤を入れておくとそうそう簡単にはパンクしません。仮にパンクしても小さなものであれば空気が抜けませんのでそのまま普通に乗り続けられます。
自転車は買ったら終わりではなくメンテナンスしながら長く乗り続けるものですし後悔の無いようにするのが良いと思います。